「学生たちよ旅へ行け!」#旅バカ が集結したバカイベをレポート

任意団体バカレッジ(以下、バカレッジ)では5月18日(日)16時から第2回バカイベを開催しました。

第1回に引き続き行われた今回のバカイベ、テーマは「旅・留学」。

これまでにバカレッジでは、何かに突き抜けた経験をしている学生や社会人にインタビューをしてきました。

今回のイベントではその中でも、特に「旅」や「留学」を突き詰めた方々に旅の魅力を語っていただきました。

旅バカ の方々には、「旅」「留学」「海外」等に興味がある大学生を対象にパネルディスカッション形式でそれぞれの「旅」について語っていただいた後、交流会で参加した学生たちと意見交換をしました。

【協賛企業様】

今回のバカイベの開催にあたり、株式会社スクールウィズさんにご協力いただきました。

海外留学、語学留学の口コミサイト「School With」の企画、開発、運営をするなど様々なサービスを手掛け、生徒、学生が海外に飛び出しやすい環境をつくり出そうとしています。

【バカレッジ代表鈴木より】

世界の実態を書いてある本でおすすめのものは「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」です。

以下は、その本に掲載されているグラフです。

このグラフは世界の国々の所得と寿命の関係を表しています。寿命と所得は比例関係にあり、右上にある我々日本やアメリカなどは所得が多く寿命が長く、反対に左下にあるソマリアなどの国は所得も低く寿命も短いことが読み取れます。

これが世界の実態です。

この「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」のような本を読むことで、世界についての知識は得ることができますよね。

とはいえ「体験」に勝る「経験」はありませんから、みなさんもぜひ旅に出てみてください。