バカイベ#代表者の集い をレポート!

株式会社バカレッジ(以下、バカレッジ)では、第一回「バカ大学生」第二回「旅・留学」をテーマにイベントを行い、満足度100%の大成功を収めてきました。

それに引き続き、第三回は学生団体やサークルの幹部の方に集まっていただき「代表者の集い」と題して、ワークショップと交流会を行いました。70人以上の幹部の方が集まり、大盛況だった当日をレポートします!

スポンサードサーチ

ワークショップ

当日は、国際系の学生団体からユニークなサークルまで多岐に渡るジャンルの方々にお集まりいただきました。

ワークショップでは「学生団体が閉鎖的な一番の課題はなに?またその解決方法は?」という課題に6人のグループごとに取り組んでいただきました。

全く違う人種・団体の人とグループワークをすることで”*セレンディピティ”を起こすことが狙いです!

*セレンディピティとは 素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。

それぞれ所属している団体の課題を共有し、課題解決に向けて議論を重ねていました。様々なジャンルの団体が集まり、違った視点から課題を捉えた話し合いが行われていました!

▲ワークショップの様子。発表したいグループを聞かれると多くのグループが手を挙げていました。

交流会

団体幹部だと自分の所属しているコミュニティだけで終わってしまうことがほとんどですが、幹部同士の繋がりを増やして何か新しい発見を、と思い企画された交流会。

幹部ということもあり人見知りせず、積極的に交流していたのが印象的でした。

中には他団体同士で新しいことを始めようとする参加者も見受けられ、最後の最後まで大盛り上がりでした!

▲交流会の様子。各々交流を図り、連絡先を交換する方も!