シャキシャキ野菜にチャーシューどーん!良コスパが嬉しい「ラーメン どん」【ひようら飯】

こんにちは!日吉在住、慶應男子です!

今回からスタートする特集「ひようら飯」の第一弾として、「ラーメン どん」へ行ってきました。

そもそも「ひようら」とは、日吉駅を挟んで慶應大学日吉キャンパスと反対側にある商店街地域のこと。

放射状に広がる商店街に多数存在する飲食店は、いつも慶應生の胃袋を支えてくれています。

今回訪ねたのは「ラーメン どん」。ボリュームたっぷりでコスパ良し、さらに駅近でアクセス抜群と、お昼時には行列ができるほどの人気店です。

詳しくレポートして行きます!

日吉駅から徒歩1分の好立地

日吉駅を商店街側に出て、右側を向くとサンロード!

この道を1分ほど歩くと右側に見えるのが、「ラーメン どん」。

歴史を感じる外観。日吉で長く愛されてきた年月の長さを感じます。

初めての人はサイズに注意!

店内に入り、選んだのは「小ラーメン」。

ここ「ラーメン どん」はボリュームたっぷりなので、ノーマルの「ラーメン」を頼むと想像以上に多いラーメンが運ばれてきます。

初めての人は「小 ラーメン」を頼むのがおすすめです!

猛烈に腹を空かせたYOUなら心置きなく「ラーメン」「大 ラーメン」を頼むのもあり!

お好みにカスタマイズ可能!野菜増量も無料!

券売機で食券を買い、元気の良い店員さんに案内されるがままに席に着きます。

食券をカウンターの上に出すと店員さんに「小ラーメン いかがなさいますか?」とカスタマイズを聞かれるので、焦らず手元のカスタマイズ表を見て答えましょう。

麺の硬さ、脂の量、味の濃さをカスタマイズすることができます。

さらにこの「ラーメン どん」では野菜増量も無料!頼むととんでもないボリュームのキャベツともやしが乗って出てきます。

今回はスタンダードに全部普通のにんにくなしで注文しました。

二郎系のガッツリ味!

「お待たせしましたー!」という威勢の良い店員さんの声とともに、ラーメンが運ばれてきました。

麺が見えないほどのキャベツともやし、そして大きなチャーシューがどーん!と乗っています。

キャベツともやしをかき分け、麺と絡めて食べるのがおすすめ。ちなみにキャベツともやしはシャキシャキ系です。

麺は太く縮れており、しっかりとした噛みごこち。

ジューシーなチャーシューと脂たっぷりのスープ、そこにシャキシャキした野菜。絶妙に麺に絡み合うその味はまさに「パーフェクトバランス」。

一口食べると止まらなくなり、一気に完食!

このスープからも脂の量がわかっていただけると思います。

日吉で二郎系の味が食べたくなったらここ、「ラーメン どん」。

小ラーメン630円、ラーメン680円とお財布にも優しく、深夜2時まで営業しているので、終電帰りでも締めの一杯をいただくことができます。

数多くある日吉のラーメン屋の中でもイチオシ!ごちそうさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です