東京大学で入った部活は男声だけの合唱部。音大生にも劣らぬ高音の歌声!

東京大学で入った部活は男声合唱部。パートはカウンターテナー!?

東京大学の学生なのに音楽大学の学生に混ざって合唱の全国大会で上位入賞してしまう根岸優至さんです。

合唱部をより良くしようという思いから、自らアカペラサークルに声楽の勉強、オペラまで練習しちゃいました。

 

今回のインタビュアーはセリナです。

それでは、どうぞ。

 

スポンサードサーチ

珍しいカウンターテナー

 

バカレッジ

根岸さんが歌うカウンターテナーというのは合唱の中でどういうパートなんですか?

男性が裏声で歌うパートです。普通の男声合唱だったら、テノール(2パート)、バリトン、バスの計4パートなんですが、テノールの更に上でカウンターテナーが歌う場合があります。

根岸さん
バカレッジ

カウンターテナーはどういう役割なんですか?

始まりは、中世の西洋の教会で男性が女性のパートを歌ったことによります。当時の教会では女性が歌ってはいけなかったので。以来カウンターテナーは、男性でもきれいな高音を出せるパートになっています。

根岸さん

 

▲歌う根岸さん

 

男声合唱団との出会い

バカレッジ

大学入学前から、大学生になったら歌をやろうと思っていたんですか?

いいえ!むしろ高校まで部活動でバレーボールをしていた影響で、大学でも最初はバレーボールのサークル2つに入りました。

根岸さん
バカレッジ

そうだったんですね。バレーボールは途中で辞めて、切り替えたんですか?

そうですね、せっかくだから大学では今までやってこなかったようなことや諦めていたようなことに挑戦してみたいと思い、合唱を始めることにしました。ただ、実は歌と並行してバレーボールも、高校部活動のコーチとして細々と続けていました。

根岸さん
バカレッジ

そうなんですね。それで今の合唱部に?男性だけの合唱団ってなかなか見ないですよね…。

はい。どうせなら凄そうなところでやりたいな、と思って1年生の冬に入りました。自分のカウンターテナーの声を試してみたい気持ちがあり、団体を探していたところにたまたま見つけたんですよ。

根岸さん
バカレッジ

とてもいい団体に巡り合いましたね!

そうですね。初めは自分がどのくらいのレベルにいるのかを試したいと思って入ったのですが、色々活動してみて「意外と楽しいかもしれない」と歌が好きになっていきました。

根岸さん

 

▲卒業記念リサイタルでの合唱の様子