【島バカ】夏の全てを礼文島(北海道)と桃岩荘に費やす大学生登場!

こんにちは!

今回インタビューしたのは「島バカ」こと、中央大学3年の菅野さんです!

一口に島といっても、いろいろありますよね。

思いついたものを挙げるだけでも、海外のマルタ島やマダガスカル島、国内の択捉島や西表島などたくさんあると思います。

そんな数多くの島の中でも、今回は日本国内のとある島とある宿に惹かれた大学生活に迫りました!

その魅力とは?何が彼女を突き動かすのか?

引き込まれること間違いなし!

何よりも島と宿を愛するその姿、お楽しみください!

インタビュー

都内某所にて

バカレッジ
こんにちは!バカレッジインタビュアーの西口です!よろしくお願いします!
こんにちは!中央大学3年の菅野です!よろしくお願いします!
菅野さん
バカレッジ
失礼ですが、島バカの方で合ってますか?

はい、島大好きなので島バカで間違いないです!
菅野さん

バカレッジ
本当に島バカなんですね!島から勝手に連想して体育会系の方が来るのかと思っていました。(笑)

え~、私そういうサバイバルな島バカじゃないですよ!
菅野さん

バカレッジ
では、どういう島バカなんですか?

んー、ごく普通に島で生活してました。(笑)
菅野さん

バカレッジ
なるほど(本当に島バカなのかな?)島って言ってもいろいろありますが、特にどの島が好きなんですか?
北海道の礼文(れぶん)島です!
菅野さん

バカレッジ
礼文島?初めて聞きました。普通に暮らしていたらあんまり聞かないですよね。

場所はここです!
菅野さん

 

!?

 

(日本の果てやん…)

解説:礼文島とは(Wikipediaより引用)

礼文島(れぶんとう)は、北海道の北部、稚内の西方60キロメートルの日本海上に位置する礼文郡礼文町に属する島。

地名の語源はアイヌ語のレプン・シㇼ=repun-sir(沖の・島)で、礼文水道を挟んで利尻島の北西に位置する。

冷涼な気候により海抜0メートル地帯から200種類以上の高山植物が咲き乱れているため、別名花の浮島と呼ばれている。

人口は2017年(平成29年)4月1日現在、2,604人。

日本最北端の有人島(北海道本土や北方領土を除く)。

東西約7.9km、南北約25.8km、周囲約72km。

バカレッジ
斜め上の回答で何から聞いていいのかわかりませんが、まず行くの大変じゃないですか?

結構時間はかかりますね。
いろいろ行き方はあるんですけど、私は交通費を抑えるために新千歳まで飛行機で行って、そっからバスに乗って港まで移動して船で礼文島まで行っていました。
菅野さん
バカレッジ
着いた頃には疲れ果ててそうなんですが…(笑)

それは友達とかサークルで行かれるんですか?

いえ、1人で行ってます。
菅野さん

バカレッジ
え、何故1人で!?そもそも何でそこに行こうと思ったんですか?
正確には、島に行こうというよりは、礼文島にある桃岩荘という宿が好きで行きたかったんです!

きっかけは、高校2年の時の研修で、そこで初めて礼文島を訪れました。

その時に桃岩荘で最終日に一泊して、礼文島を好きになっていったんです。

それと同時に、今度は大学に入ったら絶対一人で行ってやるぞって決めていました。

菅野さん
バカレッジ
まさかの宿が好きなんですね!それにその行動力が凄まじい…。

その桃岩荘にはいつ、どれくらい滞在していたんですか?

毎年夏休みに行っていて、1~2年生の時は約1か月で、去年は約2ヵ月滞在していました。
菅野さん

バカレッジ
休みのほとんどをそこに費やしているとは…(笑)

桃岩荘って宿だと思いますが、その宿泊費とか結構かかるんじゃないですか?

宿に泊まり込みでヘルパーとして働いていました!

ボランティアのようなもので、三食食事付きなので特に生活には困りませんでした。

菅野さん
バカレッジ
そんなことができるんですか!珍しいケースですね。

もう気になってしょうがないのですが、その桃岩荘ってどういった場所なんでしょうか?

桃岩荘は礼文島のユースホステルです。
たまにテレビで取り上げられたりして、ちょっと変わった宿に思われがちですが、とても温かいところですよ!

「旅の我が家」をコンセプトに、旅人が礼文と桃岩荘を楽しめるように全力な宿なんです!

だから、初めての人も、そうじゃない人にも必ず「おかえりなさい」って言うんです。

そして、宿を出る時は必ず「いってらっしゃい」といってお見送りします。

あと、何よりも有名なのは島でのお迎えとお見送りですかね~。

調べればすぐに出てくると思います。

菅野さん
バカレッジ
あ、見たことありますよこれ!変わった宿だなぁと思ってよく覚えてます!
変わった場所じゃないですよ!オーナー曰く、当たり前のことを当たり前にしているだけです!

知らない人って嫌煙しがちですが、人と話すことは普通で当たり前で仲良くなるのも当たり前という精神です!

菅野さん
バカレッジ
すみません、失礼しました。(笑)ユースホステルとさっきおっしゃってましたが、それはどういう宿なのですか?
元々、青少年が安全にレジャーを楽しめるようにと始まった宿です。そのため、幾つかルールがあるんですよ。

と言っても、今ではこのルールを廃止しているユースが多いんです。

でも、その中でも桃岩荘は昔ながらのユースホステルの形を維持しているのでルールは今も健在です。

菅野さん
バカレッジ
宿でルールってあんまり聞かないですね。どんなルールなんですか?
例えば、起床時間は6時で消灯時間も10時と決まっています。あと、朝食夕食も決まっていて、風呂の時間も決まっています。

基本的には男女別の相部屋で飲酒やお酒の持ち込みも禁止されています。

そして、19時から2時間くらいミーティングというお楽しみ会のようなものがあります!

菅野さん
バカレッジ
かなり厳しくないですか?部活の合宿じゃないですか!

ちなみに、ずっと寝てたらどうなるんですか?(笑)

門限も夜8時ですし、突然その生活ってなると厳しいかもしれません。でも、慣れてしまえば規則正しい生活になりますし、毎日楽しいですよ!
菅野さん
バカレッジ
寝ていたらたたき起こされます。(笑)

私はだらしないので1,2カ月続けるの難しい気がします。(笑)そんな環境の中でどんな風に働いていたんですか?

普段は厨房や受付で働いていました!役割としては、男性があのお見送りとミーティングを取り仕切って、女性が厨房と受付を担当しています。
菅野さん
バカレッジ
がっつり住み込みで働いてたんですね。先ほどのミーティングっていうのは、どういうことするのでしょうか?
泊りに来たお客さんみんなで仲良くなるのが目的で、歌ったり踊ったり本当にいろいろです。賑やかな交流会のようなものですね!

通常のミーティング以外に、七夕祭りやお盆のお祭り、お化け屋敷もしますし、9月には野鳥観察、魚釣りのツアー等をヘルパーが企画したりします。

その他にも宝探しゲームやお客さんが出し物をしたり、ミニコンサートなど多種多様です。(笑)

菅野さん
バカレッジ
毎日がお祭りのようで聞いているだけで楽しそうですね!ちなみに宝探しの宝って何でしたか?

ちょっとダジャレなんですけど、「たから」探しにかけて、飲み物の「ダカラ」でした。(笑)
菅野さん

バカレッジ
凄いほっこりする宝探しじゃないですか(笑)ミーティングとかそういう企画ってもちろん初対面の方もいらっしゃるんですよね?
はい、ほぼ初対面です。でも、ヘルパーはもちろん、フレンドリーなお客さんも多いので誰かしらが話しかけてくれて仲良くなれます!

だから、たった一人で行っても大丈夫なんです!

菅野さん
バカレッジ
なるほど、面白い人がいっぱいいそうですね!
旅人が多いので職業年齢も様々です。歩いて日本一周している人からフリーターの人まで本当にいろいろな方に刺激を受けます。
菅野さん
バカレッジ
一回行くと癖になりそうです。(笑)
そうなんです。毎日宿の様子は変わりますし、何より人の輪が広がっていくのが楽しいです!

それに、常連さんで来ていた人が私と同じヘルパーとして働きにくることもあるんです。

菅野さん
バカレッジ
桃岩荘のファンが増えていく感じですね。聞いているうちに自分も行きたくなってきましたよ!
ぜひ、来てください!来るたびに宿の景色が違っていて、一度来るとまた次も来ようってなりますよ!
菅野さん
バカレッジ
もう行くしかないですね!(笑)ここまでお聞きしているとかなり充実した体験だと思いますが、島での学びって何かありますか?
本当にいろいろあります。1つは、何歳になっても夢は持ってもいいってことです。
菅野さん
バカレッジ
なかなか深いですね。
それまでは刷り込みで社会に出たら会社に入って、仕事に集中して夢とか諦めなきゃいけないって思っていました。

でも、礼文島に来ると、働いている人や宿泊者が定職に就かず好きなことをやり続けて生きている人ばかりで、夢を語りあっているんです。

そういう人出会って価値観は大きく変わりましたね。

菅野さん
バカレッジ
それは良い経験ですね。なかなか普通に暮らしていたら味わえないことだと思います。

はい、知らない世界を見て価値観がガラリと変わりました。

あと、休みは大事だなって思いました。みんな生き急いで頑張りがちですが、無理にでも休みをとって都会の喧騒から逃れることもその人達を見ていると必要だと感じました。

菅野さん

バカレッジ
その視点ってなかなか持てないですよね。自分もついつい休まず頑張っちゃう方なので参考にしたいです。
いやー、本当に休むことって大事ですよ。こんな風にいろいろ学ぶことはありましたが、その中でも一番学んだのは生き方ですね。
菅野さん
バカレッジ
お、これまた深いテーマですね。
さっき受付で働いていたって言いましたが、よくバタバタして最初の頃はミスするたびに謝っていました。
でも、礼文島で働く中で人の温かさに触れて、できないことを無理に一人で頑張ろうとせず、周りのサポートを受ければいいんだって思うようになりました。

それからすぐに謝るんじゃなくて、お礼をちゃんと言うように心がけています。

菅野さん
バカレッジ
めっちゃ良い話じゃないですか!本当に島に行って人生変わったんですね!

そんな大きな学びが数多くあった菅野さん、今後の展望などありますか?

やっぱり今年も礼文島に行きたいです!6~9月の4か月間で最低4回へ行って、特に6月は1日の開所日に行きたいですね。

あと、毎年夏にしか行っていないので冬の礼文にも行きたいです。

菅野さん
バカレッジ
礼文愛が凄まじいですね(笑)次が4年生ですし、思う存分楽しんでくださいね!

それでは、お決まりなんですが大学生に向けて一言もらってもいいですか?

わかりました。大学生って旅行ってなると海外や有名所に行きがちだと思います。

でも、私はそんな王道から逸れたところに行った方が面白いと主張したいです!

日本国内には面白いところがまだまだあります!

それに泊まるならゲストハウスがオススメです!

そして、あわよくば礼文島へ!(笑)

菅野さん
バカレッジ
菅野さんだからこそ言える言葉ですね。ぜひ、春休みに突入した大学生には参考にしてほしいところです!

では、最後に菅野さんにとって礼文島とは?

私にとって、礼文島とは帰る場所です!
アットホームな空間というのもありますが、見慣れた景色で知っている人がいるみんなのお家です!
菅野さん
バカレッジ
ありがとうございました!

こちらこそありがとうございました!
菅野さん


 

以上、島バカの菅野さんでした。

礼文島への愛、いかがだったでしょうか?

たった1人で島へ行き、様々な人と出会い刺激を受けたエピソードの数々は聞いていて引き込まれましたね!

こんな貴重な体験をした菅野さんに会いたい方は以下のフォーム入力をお願いします!

また、私の方が島バカだ!という方もいらっしゃれば連絡お待ちしております!

ABOUTこの記事をかいた人

アツシ

早稲田大学教育学部4年。大阪府出身だが大して面白くない男。いろいろと趣味に手を染めるが、どれも秀でていない。つまり、飽き性である。気づいたらバカレッジにも飽きているかもしれない。