【マジックバカ】アジア大会出場!現役医学部生マジシャン

こんにちは!

突然ですが、人生一度は魔法を使いたいって思ったことありませんか?

魔法でお金を増やしたい、魔法で即座に移動したい…

そんな願いすら一瞬で叶える大学生がいましたそれが…

マジックバカ

そうです、今回ご紹介するバカは「マジックバカ」の山里レオ(Twitter)さんです!

現役の医学部生でありながらマジックを両立し、日本代表にも選ばれた実力者です!

そして、成功の裏側には数々の苦難が…

ドキュメンタリー映画のようなリアルで人間味あふれるインタビューとなっています!

お楽しみください!

インタビュー

バカレッジ
こんにちは!インタビュアーのアツシです!

よろしくお願いします!

宜しくお願いします!

順天堂大学医学部5年(取材当時)山里です!

山里さん

バカレッジ
今回はマジック?手品バカということなんですが、この違いってそもそも何ですか?

明確な違いはありませんので、あくまで自分のイメージですが、マジックは魔法のデモンストレーションというニュアンスが強いと思います。何もないところから物質を生み出したりとかですね。

手品は手の品と書くように指先の技術を用いた芸としての側面が強い気がします。お客さんの選んだカードを当てたりするのは手品っぽいと思います。

山里さん

バカレッジ
なるほど

確かに言葉によって想起されるイメージは少し違いますね。

(本インタビューではマジックを使っていきます。)

バカレッジ
本題へ移ろうと思うのですが、「マジックバカ」を代表するエピソード教えてもらってもいいですか?

FISM Asia Championships of Magic 2017」という大会で日本代表として出場しました。
山里さん

バカレッジ
え?

アジアチャンピオンシップ?日本代表?

(ヤバすぎるやろ…(語彙力)バカレッジ史上、トップクラスのバカやん…

ってかこのレベルの人に良い意味でもバカとか言ったらあかんわ…)

ちょっと大会のことは後々詳しくお聞きするとして、まずマジックを始めたきっかけからお聞きしてもいいですか?

最初は観るのが好きでテレビでよく観ていたんですよ。

それで中2の6月ですかね、本屋さんへ行ったとき、ふとマジックの本なんてないかなぁと思って探してみたら普通にあったんですね。
そしたらそこにですね、これ載せちゃっていいのかなっていうタネが沢山載ってたんですよ。

それで、なんだか見てはいけないものを見てしまったような気持ちで「これは自分も見せる側に回らなければならないのでは…」という謎の使命感を感じまして、翌日すぐにマジックショップへ行ったのが始まりです。

山里さん

バカレッジ
マジック本というのも初めて聞きましたけど、マジックショップなんてあるんですね。

あるんですよ。

そこで簡単なのを1つ買って、めっちゃ練習して友達に見せたんですよ。

そしたらスゲェスゲェってめっちゃ周りが驚いてくれるんです。最高に気持ちよかった。

でも、同じネタを見せて回ればみんな飽きちゃうんですよね。タネがバレるリスクもありました。

だから2週間に1度くらいのペースでそのマジックショップに行って早急に次のネタを仕入れにいってました。

山里さん

バカレッジ
それってかなり大変じゃないですか?

大変ですけど、中学2年生って承認欲求の塊ですし、周りが楽しんでくれるというのが原動力でしたね。

なので、また次の練習をして見せるの繰り返しでした。

山里さん

バカレッジ
そうやっていくうちに技術が磨かれていったんですね。

高校でも引き続きマジックはされていたんですか?

はい、やっていました。自分で手品の部活を設立したりもしました。

それでマジックにのめり込み過ぎて浪人する羽目になりました(笑)

山里さん

バカレッジ
さすがマジックバカですね。(笑)

大学に入ってからはどうされてたんですか?

大学が医学部ということもあって学費もかかり生活が大変でした。家も遠く、バイトしようにも授業と通学時間のせいでできる時間が限られていて、普通のバイトではお金が持たなかったんです。

そこでいっそマジックでお金を稼いでみようと上野の路上でストリートマジックを最初はやっていました。

山里さん

バカレッジ
その勇気と度胸はどこから(笑)

気になるんですけど、路上でのパフォーマンスって結構稼げるものなんですか?

稼げたわけではないですけど、ギリギリ食いつなげるくらいには(笑)

それで、その回数をこなしていくうちにレストランやバー等のお店での仕事の機会が増えてきたんですよ。
最近では企業のパーティでの営業とかもありますね。

山里さん

バカレッジ
もうプロじゃないですか。(笑)

そういった営業って自分から売り込みにいくんですか?

バーなどでマジックを見てもらったお客さんと名刺交換をして、後から電話がかかってくることが多いですね。

基本的に人づてで仕事は頂いでます。

山里さん

バカレッジ
なるほど。

路上やお店では週にどれくらいされていたんですか?

最近は勉強が忙しくてあまりできてないですが、始めた時は路上で週3~4回、最近ではお店で週1くらいやらせて頂いてます。あとは時々営業で出張公演をしたり。
山里さん

バカレッジ
週のほとんどをマジックにつぎ込んでいるとは…

もちろんそれに加えてマジックの練習もあるんですよね?

はい、ありますね。
山里さん

バカレッジ
医学部ということなので勉強も忙しいと思うんですが、一日のスケジュールってだいたいどんな感じなんですか?

ABOUTこの記事をかいた人

アツシ

早稲田大学教育学部4年。大阪府出身だが大して面白くない男。いろいろと趣味に手を染めるが、どれも秀でていない。つまり、飽き性である。気づいたらバカレッジにも飽きているかもしれない。