流しそうめんで世界を笑顔に?行動することで得られたものとは#流しそうめんバカ

 

暑い夏、みなさんは流しそうめんを食べたくなるはずです!

流れるそうめんをみんなで楽しんで食べる、やっぱり夏だね~と言いたくなるようなものだと思います。

そんな流しそうめん、知らない人とやったことはありますか?

流しそうめんで人と人をつなぐ存在、野中さんにインタビューをしてきました!

 

スポンサードサーチ

流しそうめんバカ、野中陽太さんとは?

バカレッジ

外が暑くて溶けそう・・。こんな夏にぴったりな食べ物って何だろう・・・?

 

流しそうめんですね、間違いないです。

野中さん

 

バカレッジ

!?誰ですか!??

 

早稲田大学人間科学部3年の野中陽太です。

僕は早稲田大学で日本唯一の大学公認流しそうめんサークルをやっています。

野中さん

 

バカレッジ

(急すぎて驚いた・・・でも気になる。)よ、よろしくお願いします。

日本唯一の流しそうめんサークルって何ですか??

 

そのまんま、流しそうめんをみんなに楽しんでもらうサークルです。

野中さん

 

バカレッジ

みんなで流しそうめん?すごい楽しそう、僕も食べたい・・・。

でもなんで流しそうめんなんですか?

流しそうめんじゃなくても食べ物いっぱいありますよ!

 

僕の高校の同期や、大学の友達を呼んで家の近くで流しそうめんをしたんですよ。もちろん、最初は初対面の人たちです。その中でも、普通は交わることの人たちが、流しそうめんというコンテンツを通じて仲良くなったのです。これって、小学校の時にみんなで作ったカレーの感覚と同じで、一緒に苦労して、作って、食べてという共体験を通じて一体感が生まれたんだと思います。そこで、この流しそうめんを通して、色んな人が仲良くなる場を作りたく流しそうめんサークルを立ち上げました。

野中さん

 

バカレッジ

なるほど。どうして立ち上げようと思ったのですか?