生きてるだけで金が貰える。プロ無職るってぃが今、学生に伝えたいこと

みなさんこんにちは。

インタビュアーのToshiです。

「職がないこと」、これを世間では無職と呼びます。

しかし最近ツイッターで“プロ無職”と名乗る方がいるらしいのです。

フォロワーを見ると、なんとその数3万人以上…。

いやいや、プロ無職ってなんやねん!

無職は無職やんけ!なにかっこつけてんねん!

でもものすごく気になる。

無職でどうやって生活してるの?どんな人生歩んできたの?

今回は今注目の、プロ無職るってぃさんに迫ります!

▲プロ無職るってぃさん。ご自宅にお邪魔しました!

1991年、石川県で生まれ、大阪の大学に進学。現在27歳のるってぃ(本名:山口塁)さん。無職になったきっかけは何だったのか?

ツイッターで連絡したところ、ここの物件に来てください、との連絡が。

期待と不安を胸に、るってぃさんの自宅に、いざ突撃!

スポンサードサーチ

ニューヨークで感じた、真面目に生きることへの違和感

バカレッジ
初めまして。バカレッジ編集部の山田俊幸です。よろしくお願いします!

るってぃです。よろしくお願いします!
るってぃさん

バカレッジ
早速ですが、るってぃさんは学生時代、どんな生活を送っていたんですか?

基本的に小中高ずっと遊んでたから、大学もそんな感じで、適当にサークル入って、彼女作って、就活してっていうのをイメージしていました。ただ、高校からブレイクダンスをしていたので、その流れで軽い気持ちでダンスサークルに入ったら、昨年全国2位のガチサークルで。そこで出会った先輩に感化されて、さらに同期にも恵まれて…どっぷりダンス漬けの生活を送ることになりました。勉強とか全くしてなかったな。
るってぃさん

バカレッジ
けど、なんとなく入ったサークルでダンスに打ち込めたのは、適当な生活を送るよりは結果的によかったかもしれませんね!そんな中、就活はどういう風にしたんですか?

僕、みんなと同じ時期に就活してないんですよね。大学4年の夏から1年間休学して、ニューヨークに留学行ってて。
るってぃさん

バカレッジ
ええ!どうしてその時期だったんですか?

元々、大学2年の頃から海外留学に行きたいって思いはあったんだけど、費用もかかるし、親からもめっちゃ反対されてて。でも、みんなが就活始めて、残り大学生活1年ってなった時に、どうしてもその夢が諦めきれなくて。だから休学して行きました。
るってぃさん