【大学生必見】居酒屋へ行くなら知っておきたい「お酒の種類」~醸造酒編~

大学生と言えば、「飲み会

サークルやゼミ等で居酒屋に訪れる機会は多いと思います。
そして、席に着くと、誰もが一度は耳にするこの言葉

とりあえず、で!

あぁ、ビールのことか

と皆さんお分かりでしょうが、この「」の意味ってご存知ですか?

まだまだわかっているようでわからない言葉は沢山あります。
例えば、こんなセリフ

「私ビール苦手だからカシオレで!」

カシス+オレンジということはお分かりでしょうが、このカシスってどういうお酒かご存知ですか?

ということで、今回は知っているようで知らないお酒の種類について解説しようと思います!

お酒の種類

ビール、ウイスキー、梅酒、日本酒、カクテル…

お酒の種類って沢山ありますが、大きくは3つに分けることができるんです。

それが、醸造(じょうぞう)酒蒸留(じょうりゅう)酒混成酒の3種類です。

これらは製造方法によって分けられています。

醸造酒の代表例は、日本酒、ビール、ワインです。

これらは、酵母、つまりは微生物によって作られているお酒です。

蒸留酒の代表例は、焼酎、ウイスキー、ウォッカ等です。

これらは醸造酒に熱を加えて蒸留したアルコール度数の比較的高い酒の部類です。
蒸留」とは、加熱してアルコールを気化させ、それを冷却して液体に戻すことを意味しています。

そして、3つ目の混成酒の代表例は、梅酒、ベルモット、みりん等です。

醸造酒や蒸留酒に果物や糖類、香料などを加えたものを指します。
また、蒸留酒にそれらを加えたものをリキュールと呼びます。

以上が代表的な3分類です!
これから各詳細を見ていきましょう!

醸造酒

ビール

お酒の定番と言えば「ビール

最近、若者人気は落ちているようですが、根強い人気はあります。

主な原料は麦芽(モルト)、ホップ、酵母、水等で、酵母の種類や熱処理の有無によって種類が分けられます。

生ビール

生ビールとは醸造後、ろ過によって酵母を取り除き、熱処理は施していないビールのことを指します。

現在、日本の大半のビールは生ビールですので、ビール=生という認識はあながち間違っていないかもしれません…。

代表的なのはアサヒビールの「スーパードライ」やキリンビールの「一番搾り」ですね。

熱処理ビール

また、熱処理を施していないビールは、「熱処理ビール」と呼ばれます。

代表的なのはキリンビールの「クラシックラガー」やサッポロの「サッポロラガー」ですね。

ラガー

ここで、ラガー=熱処理ビールと思いがちですが、実は違います。

ラガーとは、下面発酵で造られるビールのことを指しています。

簡単に言えば、タンクの下で発酵したビールのことです!

エール

その反対にエールとは、上面発酵で造られるビールのことを指しています。

歴史は長く、イギリスやベルギーでは主流のビールです。

発泡酒

ビールと発泡酒の違いってご存知ですか?

国税庁(https://www.nta.go.jp/about/organization/tokyo/sake/abc/abc-beer.htm)は、以下のように定義を決めています。

【ビールと発泡酒の違い】我が国の酒税法では、使用原料と麦芽の使用割合により、ビールと発泡酒を区分しております。

ビールは、A 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの(麦芽の使用割合100%)及びB 麦芽、ホップ、水及び麦、米や果実、コリアンダーなどの香味料等の特定の副原料を使用して発酵させたもので、麦芽の使用割合が50%以上のものをいいます。

発泡酒は、麦芽又は麦を原料の一部とした発泡性のある酒類で、具体的には、A 麦芽の使用割合が50%未満のもの、B ビールの製造に認められない原料を使用したもの、C 麦芽を使用せず麦を原料の一部としたものが該当します。なお、発泡酒については麦芽の使用割合により税率が3分類に区分されています。

つまり、麦芽の使用割合が50%以上ものや既定の原料を用いたものをビールと呼び、それ以外は発泡酒という分類になります。

代表的な商品はキリンビールの「淡麗グリーンラベル」やアサヒビールの「スタイルフリー」ですね。

第三のビール

ビール、発泡酒に続いて最近登場したのが「第三のビール」です。
厳密にはビールではないので、メーカーは「新ジャンル」と呼んでいます。
CMで耳にしたことあるんじゃないでしょうか?

具体的には、麦芽以外の原料を使用したり、発泡酒に別の飲料を混ぜたりして作られています。

サントリーの「金麦」、キリンの「のどごし生」、アサヒの「プライムリッチ」などが代表です。

日本酒

日本のお酒といえば、その名の通り「日本酒
主な原料は米、麹、水です。

日本酒は大きく分けて、「純米酒」と「醸造酒」の2種類に分けられます。

この2種類は「特定名称酒」と呼ばれ、それに属さないものは「普通酒」と呼ばれます。

純米酒

純米酒とは、米、麹、水だけを使った日本酒のことです。

そして、純米歩合によって更に4カテゴリーに分けられます。
(数が多いので今回は割愛します。)

ちなみに純米とは、お米をどのくらい削ったかを示すものです。
例えば、純米歩合70%=表面を30%削ったということです。

醸造酒

醸造酒とは、米、麹、水に加えて醸造アルコールが原料に含まれています。

そして、純米酒同様に純米歩合によって4カテゴリーに分類されます。

ワイン

他のお酒に比べてオシャレで高級感のあるワイン

格好良く飲むためにはその知識もしっかり深めましょう!

ワインは産地や原料、製造方法などでかなり細かく分類できますが、今回は分かりやすく色で分類します。

赤ワイン

赤ワインは、黒ブドウの種や皮も使用して造られています。

また、種に含まれる「タンニン」という成分によって独特の渋みが出るのが特徴です。

そして、赤ワインは「フルボディ」「ミディアムボディ」「ライトボディ」の3種類に更に分類できます。

フルボディ

フルボディとは、いわゆる「重口」のワインです。

味や香りも濃厚で常温に近い方が良いとされています。

比較的濃い食材との相性が◎です!

ミディアムボディ

フルボディとライトボディの間がミディアムボディです。

渋みや香りもバランスが良いタイプのワインです。

ライトボディ

ライトボディは、口当たりの良い「軽口」のワインを指します。

フルボディと反対に低めの温度が推奨され、ワイン初心者も飲みやすい味です。

白ワイン

白ブドウを発酵させて造られたのが白ワインです。

赤ワインと違って、種や皮は取り除かれ、果汁が主な材料です。

白ワインは「辛口」か「甘口」の2パターンに大きくは分けられます。

辛口

辛口とは辛いワインのことではなく、甘くないワインのことを指します。

では、甘みは何で決まるかというと、糖分の量です。

糖分をアルコールに変えてしまえば、辛口になりますし、残しておけば甘口になります。

辛口は酸味がきつくなり、締まった味が特徴です!

甘口

上記の通り、発酵を意図的に止めて甘みを残したものが甘口です。

比較的、まろやかな味が特徴的です。

ロゼ

某大衆的イタリアンレストランでよく見かけるのがこのロゼワイン

赤と白を混ぜたものと誤解している方も多いですが、実際は違います。

ロゼは、大きく3種類の製造方法があります。

それが、「マセレーション法」、「直接圧搾法」、「混醸法」です!

マセレーション法

マセレーション法とは、黒ブドウを使用し、発酵途中に皮や種を取り除いたものを指します。

直接圧搾法

直接圧搾法とは、別名「ダイレクトプレス」とも呼ばれます。

白ワイン同様に黒ブドウを発酵させるのですが、皮や種は使用せず、果汁だけを用いる方法です。

混醸法

混醸法とは、言葉の通り混ぜて造る方法です。

ロートリングとも呼ばれ、主にドイツで使われる製法の一つです。

スパークリングワイン

ワインの中でも発泡性のあるワインは、スパークリングワインと呼ばれます。

シャンパンとどう違うの?と疑問に思うかもしれません。

シャンパンとは、スパークリングワインの中でもシャンパーニュ地方でシャンパーニュ方式を用いて規定を満たしたものを指しています。
そのため、スパークリングワイン=シャンパンと考えるのは誤りですので気をつけましょう!

さいごに

以上、居酒屋に行くなら知っておきたいお酒の種類、醸造酒編でした!

知っているだけで味に深みも出ますし、何よりお酒を飲むことが楽しくなると思います。

意外と知らないことが多いので、デートの際に予習しておくと良いかもしれません!

次回は、蒸留酒編です!

お楽しみに!

ABOUTこの記事をかいた人

アツシ

早稲田大学教育学部4年。大阪府出身だが大して面白くない男。いろいろと趣味に手を染めるが、どれも秀でていない。つまり、飽き性である。気づいたらバカレッジにも飽きているかもしれない。