え、この曲知らないの!?カラオケで盛り上がるオススメ夏曲9選!

こんにちは!うるのんです。

最近暑くなってきて、梅雨が開ければもう夏!!って感じがしますよね、

と言えばTUBEとかサザンとか湘南乃風とか…夏の曲ってたくさんあると思います。

 

それ、聴き飽きてません? 

 

 

そこで!新しい夏曲の提案です。

まずは何も言わずにこれを聞いてください

 

 

どうでした??

 

イントロ始まったとこから さわやかな夏!!って感じがしませんか??

 

実はこれ、ヨルシカというボーカロイド発の二人組バンドの曲なんです!!

 

え、ボーカロイド…?オタクじゃん…

 

ってならないで!!そこ!!

ボカロと言えば初音ミクのイメージ、機械音、そしてオタクのイメージがあると思いますが、ボカロを使って作曲する人、いわゆるボカロP発の音楽をきっとみなさん一度は耳にしてるはずです。

最近町中に流れている「米津玄師」

ドラマ、あなたのことはそれほど の主題歌を担当した「神様、僕は気づいてしまった」

また「サイダーガール」「ヒトリエ」

といったバンドの数々もボカロPの方達がボーカロイドとは別の形で音楽を発信しているんです。

 

そんなわけで!

これからボーカロイドの夏曲9選、名付けて「爽やかボカロック」を紹介していくわけですが、「ボカロが歌ってるの、なんか慣れなくて聴いてられない」という人のために、「歌ってみた」という歌唱がボーカロイドではなく人の声になっているものも一緒に紹介します! ぜひ聞いてみてください!

1 作曲者は10代の天才!?夏が大好きなボカロPが送る最高の夏曲!!

「イヤホンと蝉時雨 / Orangestar」

夏~~!!!

蝉の声で始まる曲ですね、爽やかな風と熱いアスファルトからの熱気が感じられません??

鳴っている楽器が本物の楽器ではなく、パソコン内でデータを使って打ち込まれている音の感じをを上手く使っている曲だと思います。(こういう音を使う曲は一歩間違えるとダサくなる) 

歌ってみたはめありーさんが良いと思います!めありーさんはOrangestarさんとコラボでアルバムを出すくらい相性のいい歌い手さんなんです。是非!

 

2 今人気急上昇中のボカロPが送る、異星系爽やか青春物語!

「ロケットサイダー / ナユタン星人」

聴いてるだけで炭酸の爽快感が体を突き抜ける!! 

作曲者さんがナユタン星人さんと言って地球外生命体という設定なのですが、それに沿って曲が作られているんです。

おそらく地球人ではない二人の恋のお話だと思うんですが、最後の

「拾った銀貨使って ジュース買って分け合って飲もう サイダーがいいな」

が非常にシビれました…

夏の暑い日に

「なんか買って飲む? 」「んーサイダーがいい」

なんて青春じゃないですか~~~!!!(すいません一人で暴走しました)

 歌ってみた はSouさんが聴きやすいと思います!タイトルに【爽快に】と書いてあるだけあって歌の透明感、爽快感はバツグンですよ~◎

 

3 ボカロ界の巨匠2人が送る最高の夏曲!!切なくも美しいそのメロディーに心奪われる事間違いなし!!

「タイムマシン / 1640P」

ピアニストの40mPさんとギタリストの164さん(どちらも超有名ボカロP)のコラボによる、ボーカロイド史に残る名曲です。

夏休みが終わってしまって大切な人にサヨナラを告げる、、、といった旨の歌詞なんですが、しっかりと全文を読んで解釈していくのもオススメですよ◎

歌ってみたは伊藤歌詞太郎×天月さんのコラボがいいと思います!

二人とも長いこと歌い手をされているビッグネームなので、間違いないです◎

 

4 実はあまり知られていない!?ボカロ界のヒットメーカーが送る唯一無二のラブソング!!

「タイムマシンと入道雲 / kemu」

 

「タイムマシン19の夏 あの日君言えなかった幻は なんてことない、もしもの話。」

出だしから本当に綺麗な歌詞!個人的には一番好きな曲といっても過言ではありません。

kemuさんの曲はシリーズ化していて、「なんでも叶えてくれる全知全能の箱」に翻弄される人間を描いています。

「人生リセットボタン」から始まり「敗北の少年」でメインのストーリーは終わるのですが、アルバムの中にはサイドストーリーとしての話が入った曲が多数収録されています、もし気になった方は是非こちらから→

この曲は本当はアルバム曲で、本当は公式にはupされていないんですけどね…

これは歌ってみたどころか全部一人でやってみた!という方がいて、そのクオリティがものすごく高いので是非そちらを見ていただきたいです…!

ABOUTこの記事をかいた人

うるのん

青山学院大学1年。常にマイペースなため気づいたら周りに友達がいなくなっていたことが少なくない。音楽活動をしつつ競技かるたをやり、小説を書いてみたり写真を撮ったり2度寝をしたりと好きな事を追いかけ回しているため常に単位が危うい。本田翼と吉岡里帆が好き。