”他人の人生を生きるな、自分を生きろ。”現役慶應生おすすめの、大学在学中に読むべき本!vol.1

こんにちは!

コラムライターのtoshiです。

皆さんは季節はいつが好きですか?

ついこの間、4月なのに真夏日を記録していましたね。

日本から春と秋が消えてしまうのも、そう遠くはないのかもしれません…

春が大好きだった僕にとっては非常につらいですね…

さて、そんなことはさておき、今回は、僕が大学生の皆さんに是非読んでほしい本を、紹介したいと思います。

実は僕、読書が趣味、って程でもないんですが、たまに自分の尊敬する人の本を読んでみて、自分のモチベーションを上げるのに役立てたりしています。

そんな風に読んできた本、実は沢山あって、(多分)皆さんの生活にも役に立ついい本ばかりだと思うので、その中の一冊を、今日は是非、紹介させていただきたいと思います。

本を読むと、本当に自分の見る世界が変わったり、新たな発見があったり、刺激がもらえたり、なにかと読んでよかったと思えることが多いかと思います。

少なくとも僕自身は、たった数冊の本に出会えたことで、考え方、行動にいい影響を受けていました。

皆さんにも是非、特に大学生というのは、時間がいくらでも自分の自由に使えるので、毎日30分でもいいから、何か本を読んでほしい、そんな思いで紹介させていただきたいです。

ゆくゆくはシリーズ化も狙っていきたいぞ…なんて思ったり…

ではでは早速。

「影響力の鍛え方」 芦名勇舗 かんき出版

というわけで、今回紹介する本はこちら。

「影響力の鍛え方」

という本です。

ちなみに表紙は

こんな感じ。

帯に、自分の名前で食っていく方法、なんて書かれちゃうと、非常にインパクトありますよね。

経歴もなんだか凄そうな感じ…

まずはこの作者の芦名さんがどういう人なのかを紹介していきましょう。

profile of:芦名勇舗

身長:186㎝ 体重:100kg

2004年に慶應義塾高等学校入学後、アメリカンフットボール部に所属。

17歳でU-19日本代表に当時最年少で選出され、18歳で主将も務める。慶應義塾大学4年生時に、體育會アメリカンフットボール部の主将に選出。

大学卒業後、電通コピーライターとして活躍。

2012年、23歳の時にプルデンシャル生命にヘッドハンティングされ、営業として転職。

営業未経験ながら、約3500人の営業マンの中で全国2位に輝き、月収2400万円を稼ぐ。

25歳の時、史上最年少で営業所長に抜擢。営業所長としても全国2位に輝くが、2015年に退職。

その後、俳優を志し、単身渡米。ハリウッドで俳優デビューを果たす。

帰国後、2017年に芦名表参道(株)を設立。事業領域は決めずに、事業企画やビジネスコンサルティングを行っている。自身のツイッターやSNSは、若手ビジネスマンや学生から絶大な人気を集め、「働き方」「生き方」「営業術」のバイブルとなっている。

 

この経歴、只者じゃない感じで溢れていますよね!

また、芦名さんのツイッターは是非、大学生にみていただきたいです。事実、僕が芦名さんを知るきっかけになったのも、ツイッターでした。

自己啓発系のツイートから、ちょっとユーモアあるツイートまで、芦名さんのツイートは見ていて飽きないです。

フォローするだけならタダですし、たまに講演会のお知らせなどもしているので、是非のぞいてみましょう!

本の内容

さて、肝心の本の内容ですが、ネタバレ、営業妨害のない範囲で、簡単に解説していきたいと思います。

「セルフブランディング」

最近こういった言葉をよく聞きませんか?

意味は文字通り、

「自身をブランド化する」

ということです。

この本では、芦名さんの独自の視点で、彼の経験なども踏まえながら、セルフブランディングについて解説しています。

入ったら一生その企業で勤めあげなくては、といった終身雇用の考え方も、時代とともに変化し、今の時代は副職、転職、起業等といった言葉が身近になってきました。

そんな時代に、「自分の名前で食っていく」ためには、他人が自分に価値を感じてくれる必要がありますよね。

SNSが台頭してきた現代では、セルフブランディングの意味をはき違え、

フォロワー数を増やすいいね!の数を増やす

といったことを、セルフブランディングということと勘違いしている人が多いと、芦名さんは指摘しています。

本当のセルフブランディングとは、

信頼を構築し、真の影響力を鍛えること

だと芦名さんは言います。

本書では、最初はそのための心構え、芦名さんが何を感じ、考えて今に至ったのか、そして後半はセルフブランディングを実践するためのノウハウを解説しています。

一見難しそうな内容に見えますが、普段全然本を読まないという人でも、案外すらすら読めると思います。行間や文字の大きさなどがすごく絶妙に使い分けられているので、すごくとっかかりやすいと思います。

えー、別に俺起業しないし、将来のこととかわっかんねーし、、、

みたいな人も、ちょっとマテ茶✋

芦名さんもご自身で書いている通り、彼の思考は確かに一般人とはだいぶ違う思考をしていますが、

あ、すごい人ってこういう考え方をするのか!

とか、

こんな面白い人いるんだ!

とかとか。自分とは別の価値観を知るきっかけになったり、そもそも読むだけで滅茶苦茶面白い本です!

このコラムと出会ったのもきっと何かの縁。是非時間のある大学生はもちろん、どんな人にも読んで頂きたい本です。

最後に

芦名勇舗さんという人は、本当に、いい意味でぶっ飛んでて、すごく面白い人です。

最初ツイッターで見つけたときは、ん?この人何してる人?と気になってそこから彼についていろいろと調べていき、気が付いたら虜になっていました。

そんな芦名さんをもっと近くで見てみたい!色々吸収したい!って思って、わざわざ自分のツイッターアカウントの鍵を外して、芦名表参道はインターン募集する予定ありますか?とリプライしたほど…

今考えると、その時点で彼の影響力に、僕はハマってしまっていたのかも…恐ろしい…

というわけで、今回は「影響力の鍛え方」という本を紹介しました。

本というのは偉大だと僕は思っています。本は最も最短ルートで、他人の価値観、考え方を吸収できる最高のツールです。

ほんの少しのすき間時間や、寝る前の30分でも、自分のペースで読み進めることができます。

授業とか講演会では、自分勝手なペースで、とはいかないでしょ?

質問とかしたくなっても、今はSNSという最高のツールがありますしね。

皆さんも、是非、いろいろな本と出会って、人生を豊かなものにしてください。

それではこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

toshi

慶応義塾大学3年。レスリングとバンドを愛する正統派文武両道タイプ。体育会で鍛えた筋肉が強靭すぎるため、記事を一本作る度にPCのキーボードが壊れる。