【必見】文系大学生こそプログラミングを学ぶべき理由5選

最近、AIや第四次産業革命という言葉をよく耳にしますよね。

いやいや、自分には関係ないし…
AIとかまだまだ先の話でしょ!

と、考えている方!

その考え、本当に危険です。
なんと、2045年にはAIが人間の知能を超えるという「シンギュラリティ」がやってきます。

シンギュラリティとは

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、人工知能が発達し、人間の知性を超えることによって、人間の生活に大きな変化が起こるという概念を指します。
シンギュラリティという概念は、人工知能の権威であるレイ・カーツワイル博士により提唱された「未来予測の概念」でもあります。

https://bizhint.jp/keyword/42911

また、今後10~20年で全体の約47%の仕事、702の職種がAIに取って代わられるとも言われています。

オックスフォード大学大学が認定
あと10年で「消える仕事」「なくなる仕事」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

もうお気づきかと思いますが、AIの足音はすぐ近くまで近づいてきています…。

でも、こういう意見もあると思います。

AIに備えないといけないことはわかった。じゃあ、何すればいいの?

その答えの一つが、プログラミングです!

つまり、人工知能や機械に使われるのではなく、使う側に回るのです!

え?プログラミングやれば大丈夫とか単純すぎない?

もちろん、そういう声もあるでしょう。
事実、プログラミングスキルがあれば安心とは言えません。
あくまで、一つの手段です。

ですが、プログラミングスキルがあるのと無いのとでは大きな違いとなります。
特に文系大学生は、仕事を奪われる可能性が高いため、持っていて絶対に損はないスキルです!

と、いうことで!
今回は文系大学生がプログラミングを学ぶべき理由をご紹介したいと思います!

1.ロジカルシンキングが身につく

プログラミングを学べば、同時にロジカルシンキングも身につきます。

ロジカルシンキングとは、論理的思考力のことです。

では、何故プログラミングでロジカルシンキングが身につくのでしょうか?

答えは、プログラムは論理的に組み立てられているからです。
そのため、一つ間違えば、バグが発生してプログラムは動かなくなってしまいます。

また、論理的思考力は就活やビジネスにおいても非常に役立ちます。
筋道立てて考える力は、物事を整理して理解することにも繋がりますし、相手に誤解なく伝える力にもなります。

一生使える力なので学生のうちに身につけておいて損はありません!

2.ゼロからイチを生み出せる

こんなサービスがあったらいいなぁと思いついても、生み出す力がなければ他の誰かを頼るしかありません。

しかし、プログラミングスキルがあれば、自分で何かを生み出すことが可能です。

そして、世の中の多くの仕事は0から1を生み出すよりも1を100にもっていくことを目的としています。

つまり、何もないところから生み出すというのは難しいことですが、同時に貴重な経験となるのです!

最初は本当に簡単なプログラムからでいいので、是非一度チャレンジしてみましょう!

作れるという自信さえあれば発想や可能性の幅は各段に広がります!

3.問題解決能力が身につく

問題解決能力とは、答えのない問題に対して課題を設定して解決する能力のことです。

この力は、日本の教育界でも頻繁に議論されている内容です。

義務教育の勉強のように与えられた問題に対して決まりきった答えを出しているだけでは、社会では生きていけません。

自ら考え、解決することが社会では求められます。

そんな力がプログラミングを通して身につきます。

プログラミングで出来たサービスを通して何かの問題を解決しようとするのも習得方法の一つです。

また、プログラミング内で起きたバグや問題に対して自ら原因を考えて修正するのも力を養う機会になります。

もちろん、この過程は大変ですが後々、自分にとって大きな財産となるでしょう!

4.いつでもどこでも仕事ができる

プログラミングは時間、場所を問わず、PCさえあればできてしまいます。

つまり、PC1台で簡単に仕事ができるのです。

今は、長時間労働に対する働き方改革や国際化に対する外国語強化などとよく言われます。

しかし、プログラミングスキルがあれば、そういった影響を直接受けずに比較的自由に働くという選択肢が生まれます。

スーツを着て決まりきった毎日を過ごすのが嫌な方は検討してみてください!

5.高収入が望める

現在、IT人材は不足していて、今後は更に加速すると言われています。

そうした状況の中、プログラミングができる人材は非常に貴重です。

そして、貴重ということは、需要があるということですから自然と年収も高くなります。

情報化が後退するということは万が一にもありませんから、学べば学ぶほど自分の市場価値は向上していきます。

また、プログラミングスキルは立派な1つの能力なので、学歴も関係ありません。

人生において一発逆転を狙いたい方にもオススメのスキルです!

さいごに

以上、文系の大学生こそプログラミングを学ぶ理由5選でした!

文系就職と言えば、毎日スーツを着て営業というイメージがどうしてもつきがちですが、未経験でもプログラミングは十分に身につきます!

かく言う自分もこうして未経験でしたが、独学でこのバカレッジを作っています!

是非、皆さんも可能性を広げるために挑戦してみてはいかがでしょうか?

プログラミングスクールですと、こちらがオススメです!




人生を変える1ヶ月【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

ABOUTこの記事をかいた人

アツシ

早稲田大学教育学部4年。大阪府出身だが大して面白くない男。いろいろと趣味に手を染めるが、どれも秀でていない。つまり、飽き性である。気づいたらバカレッジにも飽きているかもしれない。